FC2ブログ

乳がん検診・再

ぱっぱら

どこに行こうか、母や友達に聞いたところ、以前日赤にいた斎藤先生が本宮に開業してるという話を聞き、ネットで調べたらHPが有りました

ブレスト斎藤クリニック

最初、インターネットタウンページで調べたら、肛門科ってあるんで半信半疑だったけど、ちゃんと乳腺・乳がん外来って書いてあってほっとしました



日赤は家から近いけど、前にマンモやった時本当に板に挟まれぎゅーぎゅーやられた記憶があったし、何かにつけ古めかしい感じがするのでやめました

それにX線撮っても長いこと待たされるしね~

その点個人病院はぱっと結果が見れるのでよいですね



さてさて、先生も看護婦さんもとてもいい感じでした

集団検診の結果を見ながら、続いて触診ですが

う~~ん・・見当たらないなぁ

この辺かな?というところにマーキング

もうこの変でちょっと一安心

触診ではっきりわかるくらいじゃないから大丈夫だろうと

それから、マンモグラフィーの撮影

左右上下と横で計4枚

これも、苦しかったら言ってくださいねと看護婦さんが言ってくれ、そんなに我慢できない事のものでもありませんでした

で、またまたこの写真を見ながらエコーとなりましたが、マンモではっきりしないガン組織もエコーでは見えるとのことで、画像見ながら説明を受けました

マーキングしたところを念入りに調べましたが、

特に何も見えないなぁ

という事で終了

最後に先生と、マンモの画像と集団検診の所見を見ながら説明を受けました

集団検診では2人の先生がマンモの画像をチェックするのですが、1~5段階まであり、4・5は悪いところがある3は何かあるけど良性、1・2は心配ないということらしいです

私の場合2と3で、3の診断をした先生は白く写ってる所は脂肪だと思う、2の診断をした先生は何かがある程度の診断でした

でも、今回のマンモを見る限り何も写ってないので、対ガン協会からその時の画像を取り寄せてみて見ますね、その結果は電話で連絡します。ということで帰ってきました

あ~~無罪だろ?

良かった、安心したよ



来年からは町の検診は止めて、ここの病院に来ようと思います
関連記事
Posted byぱっぱら

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply